Menu

相続税

Home
相続税|島根県出雲市の「岡友教税理士事務所」
相続税は亡くなった人(被相続人)の残した遺産を相続した人(相続人)が取得した財産に対して課税される税金です。

「相続」とは、民法で定められている法定相続人が財産を取得した場合をいい、「遺贈」とは遺言によって相続人やその他の人が財産を取得した場合をいいます。
但し、相続税には基礎控除があり、遺産の評価額が基礎控除の金額以下であれば相続税はかからず、税務署に対する申告も必要ありません。
また、評価額が基礎控除を超える場合でも、申告をする事によって使える税務上の特例(配偶者の税額軽減、小規模宅地の評価減)により、相続税がかからないケースもあります。

相続税のしくみ

相続税のしくみ

相続税申告までのタイムスケジュール

相続税申告までのタイムスケジュール

相続財産となるもの

相続財産には相続人にとってプラスとなる積極財産とマイナスとなる消極財産があります。

積極財産

1.不動産
土地、建物
2.不動産上の権利
借地権、借家権、農地の耕作権、地上権、永小作権、抵当権などがあります。
3.動産
家具、什器、書画、骨董品、自動車、宝石など、価格の多少を問いません。
4.現金、預貯金、有価証券
預金や貯金は、実質的に被相続人のものはすべて含まれます。有価証券は、株式、国債、公債、社債などが代表的なものです。
5.債権
個人的な貸金、営業上の貸付金、売掛金、未収金などです。また、交通事故で死亡した場合には、被相続人の損害賠償請求権も含まれます。
6.生命保険金
被保険者が被相続人であって、受取人になっている場合には、その保険金は相続財産になります。

消極財産

1.借金
2.公租公課
国税、地方税を通じて多くの種類があります。所得税、都道府県民税、固定資産税など。
3.その他の負債
家賃、自動車などのローンなどのほかに、通常の借金の保証債務も相続されます。